植物プラセンタサプリの効き目と副作用

人気のプラセンタサプリ

 

 

植物性プラセンタ

昨今、動物性プラセンタから植物性プラセンタへの移行が著しいと感じます。それは、狂牛病の流行があり、牛プラセンタの使用を禁止されたということもあり、動物性プラセンタは危険であるという認識が勝手に浸透してしまったからなのかもしれません。

植物性プラセンタは、成分自体が植物性100%となっているので、安全性は高いです。

植物性プラセンタと聞いて植物にプラセンタ(胎座)があるのだろうかと疑問を持ちますが、動物のプラセンタ(胎座)と似た様な機能を持っていることが判っています。発芽する部分の栄養素が多い部分です。発芽させるために栄養を蓄積しており、種を取り囲んでいるような部分のことです。スイカには種があります。赤い部分を私たちは食べます。栄養があるから甘みがあります。その、スイカの赤い部分こそが植物のプラセンタ(胎座)にあたるわけです。

とくに、最近はライ麦を原料としたプラセンタサプリが人気です。ライ麦のプラセンタ開発などの経緯も紹介されており、植物性プラセンタサプリの有用性が理解できます。

 

白米と胚芽米

お米を例えて考えても、植物のプラセンタ(胎座)の有用性は理解でいます。白米は美味しいですし、日本人の主食です。ですが、胚芽米(はいがまい)の方が栄養価が高いということを聞いたことがあるはずです。そして、胚芽米(はいがまい)には、お米の栄養素が蓄積されています。精米は胚芽(はいが)を取り除いてしまいます。ですが、胚芽(はいが)には多くの栄養があり、発芽するための活力も残っています。つまり、お米のプラセンタ(胎座)と言えます。ですから、五穀米や玄米ご飯などの人気が高まっているのです。

見分け方も簡単です。

白米と玄米をお水につけておくと、白米は腐ってしまいます。ですが、玄米は発芽して、芽をだしていきます。さて、どちらが活きており、栄養があるのでしょうか? ということです。答えは明らかで玄米です。

植物プラセンタというのは、きっと白米と玄米を比較した話から分かるように、植物の栄養素のある部分を活用しているということです。とても興味のある話です。すでに、植物性プラセンタも登場しています。これから人気が高まること間違いありませんね。

そして、植物性プラセンタを含んだサプリメント、健康食品がこれから、もっと増えてくるだろうと思います。

 

植物性プラセンタサプリは、効き目がある?

植物性プラセンタサプリは、効き目があるのか?と聞かれたら、効き目はありますと答えます。ただ、サプリメントを1粒飲んだだけでは、大きな変化を得ることはできません。ある程度の期間、飲み続けることで変化を感じる事ができます。というのも、植物性プラセンタサプリは、健康食品に分類されますし、栄養価は高いのですが、即効性がありません。植物性プラセンタサプリを飲み続けることで、栄養を体に染み渡らせることで、次第に変化があらわれるようになります。

植物性プラセンタサプリを飲み続けて、栄養を摂り続けることで、弱っていた体の機能が適切に活動するようになります。その、結果が美容につながったり、ホルモンバランスを整えるということになります。植物性プラセンタサプリを飲むことで、直接的に美容に効くという訳ではありません。

 

食べたもので体はつくられる

 
食べたもので体はつくられるという言葉も聞いたことがあるかと思います。食べたものが栄養となり、血となり、肉となり、骨となり、細胞をターンオーバーさせるための栄養となります。悪いものを食べれば、悪い体になってしまいます。出来る限り、良質な栄養を摂り、健康体をつくることが美容への第一歩となります。

ですから、どんなに高価な化粧品や成分が良いとされる化粧品を使っても美肌にならないのは、悪いものを食べて、細胞が良い新陳代謝をしてないからなのかもしれません。

究極の美容は、健康体です。

 

植物性プラセンタの栄養成分

アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。その、植物性プラセンタによって異なりますが、とても栄養価が高いです。

 

植物性プラセンタサプリの副作用

動物性プラセンタと大きく違うのが、副作用の心配が皆無であるということです。こういったところも、オーガニック志向の強い女性から人気のあるポイントとなっています。

 

最近、人気のある植物性プラセンタサプリ

ライ麦のプラセンタを配合した、穂のしずく が人気です。また、植物性プラセンタを配合した、honoho というオーガニックでナチュラルな石鹸も人気が高まってきています。

 

植物性プラセンタの良いところ

やはり、副作用の心配が無いというのがいちばんです。そして、ナチュラルでオーガニックなところもポイントです。そして、これは一部の人だけかもしれませんが、宗教上の理由により動物性プラセンタを使えないという人にも良いです。また、動物性プラセンタの、獣臭が嫌だという人にも植物プラセンタサプリは向いてます。植物性100%です。

 

動物性、植物性プラセンタの成分や効能・効果は異なります

動物性プラセンタは、成長因子によって新陳代謝、血行の改善、美白効果等があります。成長因子とは、細胞分裂によって新たに細胞を作り、新陳代謝を上げる働きをする物質です。成長因子が含まれる動物性プラセンタには、体内環境を改善したり、更年期障害、肌荒れを防ぎ、改善する効果があります。つまり、動物性プラセンタには、グロースファクター(成長因子)が多く含まれています。

一方、植物性プラセンタには、この成長因子は含まれていません。植物性プラセンタは、アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンが含まれていますので、効能としては美白、美肌効果の期待が高いといえます。

プラセンタサプリメントには、植物性と動物性がありますので、自分の症状にあったサプリメント選びをすることが大切です。

 

植物プラセンタサプリに含まれているアミノ酸

イソロイシン

イソロイシンは、必須アミノ酸のひとつです。体内で合成できないからこそプラセンタサプリで補給することが必要となります。疲労回復、筋肉強化など特にはスポーツなどのエネルギー補給としても重要視されています。イソロイシンは甲状腺ホルモンの分泌を促します。甲状腺ホルモンは、体中の細胞に作用して代謝を促進してくれます。

ロイシン

イソロイシンと同じく、必須アミノ酸です。

バリン

バリンはイソロイシン、ロイシンと同じく、必須アミノ酸です。バリン、ロイシン、イソロイシンは、BCAAと呼ばれスポーツ時のエネルギー補給として注目されています。バリンはエラスチンを構成していますので肌のハリを保つ作用があります。

リジン

リジンは必須アミノ酸です。人間の体を構成しているタンパク質に必要な栄養素です。ブドウ糖の代謝を促進させてくれます。疲労回復、集中力を高めたり、髪の毛の健康を維持する作用があります。

メチオニン

メチオニンは必須アミノ酸です。硫黄を含んだ含硫(がんりゅう)アミノ酸です。アレルギーの原因とされるヒスタミンを抑える作用があります。メチオニンが不足すると利尿能力が低下してしまい、むくみの元となることもあります。

シスチン

髪の毛や爪を構成しているケラチンに含まれていることから、髪の毛を太くしたり爪を育てます。また、メラニンが生成されることを抑制するので、美肌、美白効果があるとされています。

フェニルアラニン

必須アミノ酸です。フェニルアラニンは脳内において、ドーパミンなどの神経伝達物質に変換されます。気持ちを安定させたり、記憶力を高める作用があります。

チロシン

ドーパミン、ノルアドレナリンの元となります。ドーパミン、ノルアドレナリンが不足すると無気力、無関心となってしまうことがあります。チロシンは集中力を高めたり、ストレスを軽減する作用があります。

スレオニン

成長と新陳代謝を促進します。肝臓への脂肪蓄積を抑える作用もあります。

トリプトファン

必須アミノ酸です。不眠解消、精神安定、鎮痛作用があるということから、PMS(月経前症候群)の改善に効き目があるといわれています。

ヒスチジン

アミノ酸の一種です。ギリシャ語で「組織」という意味があります。ちなみにミドリムシのサプリとか聞いたことがあるかと思いますが、ミドリムシに含まれているのが、ヒスチジンでした。成長を促進させ、交感神経に刺激を与えて脂肪燃焼を促進するということからダイエットにも良いとされています。

アルギニン

成長ホルモンを分泌します。成長ホルモンは脂肪の代謝を促進し、筋肉を増強さえるという作用があります。血流を改善する作用もあります。また、アルギニンは肌(角質層)を保湿する作用もあります。

アラニン

アラニンは肌の角質にあり、肌の水分を保っている天然保湿成分です。皮膚の保湿と健康を保つためには必要です。

アスパラギン酸

肌の新陳代謝を促し、保湿する作用があります。角質の水分を保ち、潤いを与えてくれます。

グルタミン酸

必須アミノ酸です。リラックス成分とされるGABA(ギャバ)を生成します。腸の働きを促進してくれます。脳の活性化、美肌効果もあります。お肌の水分が逃げないようにしてくれます。

グリシン

コラーゲンを生成するアミノ酸です。血管を拡張する作用があり、体の表面体温が上昇し、体内温度が下がりますので、睡眠作用があると言われています。

プロリン

コラーゲンの主要成分のひとつです。プロリンは、タンパク質などからコラーゲンの合成を促します。肌のシミ、シワ、肌荒れなどを改善する作用があるとされています。

 

体の内側から美しくなるには植物性プラセンタ

 

美容、健康を保つために様々なことを取り入れている女性は、多く居ます。適度な運動をして、ダイエットをしたり、綺麗に化粧をしたりと、自分の美しさを引き出そうと努力している女性は、とても多いです。

寝不足になったり、インスタント食品を食べたりなんかすると、吹き出物ができたりすることはありませんか?そういったことを予防するために、早寝早起きをしていたり、添加物の少ない食べ物を選んでいることもあります。人間の体というのは、睡眠時間、食べ物などに大きく影響を受けることがあります。とくに食べ物は、とても大切です。私たちの体は、食べたもので作られているからです。

 

ターンオーバー(新陳代謝)するには栄養が必要

ターンオーバー(新陳代謝)するためには、栄養が必要です。体に悪い食べ物を食べていれば、その悪いものが体に行き渡ってしまいます。ならば、体に良いものを食べていた方が良いに決まってます。

また、現代人は色々とやるべきことが増えてしまい、忙しい日々を過ごしており、落ち着いて食事をする時間をつくることも難しいという人も居ます。そのような生活を送っている場合は、栄養バランスを考えた食事をすることが難しくなってきます。となると、栄養バランスが偏ってきてしまいます。

栄養バランスが偏ってくると女性の場合は、肌のくすみ、肌荒れ、抜毛、枝毛などが増えてくることもあります。また、ホルモンバランスが崩れてしまって、PMS(月経前症候群)となってしまうこともあります。

細胞のターンオーバーには栄養が必要

美容を追求していくと、ターンオーバーという言葉が登場します。新陳代謝のことです。肌のターンオーバーを言われることもありますが、厳密には細胞がターンオーバーしています。細胞が新陳代謝をするには、栄養が必要です。その栄養を植物性プラセンタサプリで補うことで、ターンオーバーを活性化することができます。

 

植物性プラセンタ

常に適切な栄養バランスを保つには、サプリメントなどを飲むと良いです。最近は、植物プラセンタから抽出した栄養素を閉じ込めたサプリメントの人気が高まってきています。

今までは、プラセンタといえば、動物性プラセンタが主流だったイメージがあります。ですが、BSE(狂牛病)の栄養があり、動物性プラセンタの不安が広がってしまい、植物性プラセンタを使おうとする流れが強くなってきています。

実は、植物性プラセンタは、動物性プラセンタよりもアミノ酸が豊富に含まれていることも知られています。人間の身体を構成しているのは、アミノ酸です。また、必須アミノ酸と呼ばれている、体内で必要量を生成できないアミノ酸があり、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸も植物性プラセンタには多く含まれています。

植物性プラセンタは、副作用が無いという点も人気を後押ししています。

 

女性は、何歳になっても美しさを追求する

女性は何歳になっても美しさを追求したいという気持ちを持っています。その気持ちを、いつまでも大切にして欲しいと思いますし、何歳になっても美しい女性は、心の健康と体の健康を維持しています。本当の美しさは、健康体であることです。しっかりと栄養を摂り、ターンオーバー(新陳代謝)を促進させることが大切です。

植物プラセンタサプリは、健康食品のひとつですから、即効性はありません。即効性が無いので、効き目が無いと言われてしまうこともあります。植物プラセンタサプリは、飲み続けることで、良い変化をもたらしてくれます。もともと、女性は様々な影響を受けやすいです。生活環境、職場、人間関係など。それらが、ストレスとなり、体調を崩してしまうこともありますし、ちょっと寝不足になるだけで、体調は変化してしまいます。最高の美容は健康です。本当の美しさは健康体です。植物プラセンタサプリは、飲み続けることで、栄養を摂り、身体いきわたらせることで、衰えつつあった身体の機能を活性化することができます。日々の体調を整えるためにも、栄養は必要ですし、ターンオーバーさせるにも栄養は必要です。

毎日、インスタント食品を食べているよりは、栄養価のある食事を食べていた方が、身体に良いに決まっています。植物プラセンタもそれと同じで、栄養を簡単に摂ることができるようになっており、日々の食事では摂取し難い栄養を補ってくれます。

 

人気の植物プラセンタサプリ